小堀材木店 Kobori Timber Ltd.

ブログ

blog
ニュース

2020.12.17

世代間でのSNSとの付き合い方。

こんなネット記事を目にしました

↓↓↓↓↓

10代〜20代女性の9割がInstagramを使ってクリスマスプレゼントを決める!コロナ禍における若年層のリアルなクリスマス事情を調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000026329.html

 

 

10代〜20代女性の9割がインスタグラムを使ってクリスマスプレゼントを決めるという、驚きのアンケート結果。

これは大袈裟ではなく、実際買い物はインスタグラムを見てからする人がかなり増えていて、僕も最近の楽天やAmazonのセールの時はインスタグラムで情報を探してました。
これがめちゃくちゃ便利。
セール品のお得情報を紹介してる人はかなり詳しく調べて情報を発信してるので、信憑性がすごく高い。
「楽天スーパーセールで買うべき商品まとめ」なんて特集された投稿が、数多く見つかります。

 

今後は「家」を建てる時でさえも、インスタグラムやTikTokで探すのは普通になると思います。

 

ただ勘違いしてしまうといけないのが、あくまで若い人はファーストゲートがSNSなだけであって、その後の行動は割と慎重で現実的です。
どういう事かというと、例えば洋服を買う場合

①インスタグラムでフォローしている、インフルエンサーの洋服やアクセサリーコーデが目に留まる
②それを見てすぐに買うわけではなく、それを保存
③そのブランドの取り組みやコンセプト、世界観を調べてみる
④そのブランドをハッシュタグ 検索して、個人の感想をみてみる
⑤実店舗の近くに来た際に、商品の触り心地やスタッフの対応を確認する
⑥洋服自体も良さそうだし、自分が共感できるブランドっぽい
⑦購入

こんな人が多いそうです。

 

つまり重要なのは「情報発信」と「自社の取り組みのブランド化」

この2つのタイヤがしっかりと回る会社は、ひたすら先にすすめる気がします。

ブログ

2020.11.25

あなたの残りの時間は?

人生80年だと仮定して。

1日8時間睡眠だとすると、睡眠に使う時間は26年

1日1時間半が食事の時間だとすると、食事に使う時間は5年

小、中、高、大学に行ったとして

かかる時間は4年 義務教育のみでも2年

そして仕事 25歳から定年の65歳まで40年間働いたとすると、10年

通勤・通学だけで4年

トイレの時間が1年

 

つまり自分の好きな事が出来る時間は80年の人生で

30年間しかありません

(物心ついてからだともっと少ないかも)

 

あなたの残り時間はあとどれぐらいありますか?

ブログ

2020.11.11

住宅はもっと「マーケットイン」するべき

「マーケットイン」と「プロダクトアウト」

という言葉をご存じですか?

すごくざっくりと言うと、「マーケットイン」とは、「企業が作りたいものではなく、顧客が欲しいものを作ること」
購買者のニーズを捉え、そのニーズを満たす商品を作るという、顧客目線の立場をスタートとする考え方です。

そしてマーケットインと対をなす言葉で、

「プロダクトアウト」という考えかたがあります

「プロダクトアウト」とは、「企業が作りたいものを作り、売り方を考えること」です。

 

今までの住宅、特に地方工務店はプロダクトアウトになってしまっている傾向がありました。

反対に大手住宅メーカーは徹底的なマーケティングをし、それをもとにマーケットインしている

だから売れる。

このような図式がこれまでの住宅だと思います。

 

しかし最近はインスタグラムやRoomclipなどのSNSで、消費者の需要をリアルに調べられるツールが沢山あります。

これを利用しない手はありません。

住宅のトレンドを把握することは、いまや難しい事ではなくなりました。

 

ぜひともマーケティングを学び、マーケットインできる会社作りを目指してみたください。

ブログ

2020.11.4

SNSで一番大切なことは情報の質

日本国内のSNSの月間アクティブユーザー数(実際に稼働しているユーザー数)
1位は「LINE」!
では2位ってみなさん知ってますか?
(これ正解した人は情報を扱うマーケターとして100点。普段から、素晴らしい情報収集能力をお持ちです。)
 
 
 
正解は「note」が6600万人で2位!
 
「Twitter」が4500万人
「instagram」で3300万人
なんとnoteはinstagramの約2倍!!
ちなみに
「Facebook」が2600万人
僕の大好きな「TikTo」は950万人しかいないみたい。。。
 
あなたのまわりでnote使っている方はどれぐらいますか?
 
 
いまのネットは情報が溢れていますが、そのなかでもみんな価値のある情報を求めた結果が、noteのアクティブユーザー数に表れています。
法人アカウントも約1,600件と、いま現在も法人利用が急増中。
 
 
スモールビジネスは情報発信方法を、もう一度考えるターニングポイントに来ているのかも。
 
これからは体験・経験を言語化できるクリエイターが稼ぐ時代になりそうです。
 
 

People holding icons of digital brands

お知らせnews

ページのトップへ戻る