小堀材木店 Kobori Timber Ltd.

ブログ

blog
スタッフブログ

2022.11.24

自分のコトバ

先日のお客様との面談では、やっぱり今後は「自分たちの仕事(家づくり)がブランディングできるかどうか」だよねという話になりました。

それと、そこで重要なのは「自分で答えを出すことや言葉にすること」だよねと。

簡単ではないけど、でもこの訓練はブランディングして行くために必須だねとなりました。

今やってるTVドラマのファーストペンギンでも先週同じ言葉が出て来てメモったのを思い出しました。
勇気を出して海に飛び込む最初の一羽のことをファーストペンギンというそうで、1人の女性が水産業界に改革を起こすストーリーです。

「自分で考えて行き着いた答えは自分の言葉になります。人に何かを訴える時にとても強い力を持ちます。」

今お客様と一緒に頑張ってることの先には、このドラマのようなサクセスストーリーが待ってるはず^ – ^

(s)

スタッフブログ

2022.11.17

住宅外皮マイスター資格試験に挑戦

昨日はこの試験を受けました。
私は建築実務者ではないですが、住宅をもう少し理解したいので。

それが今後の仕事にも繋がると信じています。

耐震や断熱気密を高めてもその性能を維持する「耐久性」が大事。

選択式の理論的な問題はテキストから学べるんですが、記述式のより実践的な内容で普段触れない部分が問われると一気に答えられなくなりました。
合格基準がどんなもんか分からないから落ちるかもしれないけど、吸収した知識はすぐにでも仕事に活かしていける。
これを学ぶことは今年度の目標でもあるから試験で終わりじゃない。

終わりにしない。

(s)

スタッフブログ

2022.11.5

今年最後の自立循環型住宅研究会

物理の法則や研究者の論文でこうなるだろうってことは予測されます。

大切なのはそれを実証検証することで応用が出来るし、説得力も増すということです。

この場で学べることは販売店としても箔がつきます。

ハードル上がった!学び続けます。

今回は「事例発表会」です。自立研ではPDCAのCAの部分を大切にしていて、高性能住宅を「計画」して「建築」して終わりでなく、建築したものが計画通りの性能や快適性を発揮できているか「分析」「改善」することを大事にしています。

事例発表は施工者がお施主様の協力を得て、データを取り、分析したことを発表します。そしてその結果を共有したり、改善点を参加者で話し合いお互い高め合う場です。

 

1年間の温度、湿度、CO2濃度、エネルギー消費量などをグラフ化し分析します。
例えば、もっと湿気をコントロールして快適に住まうためにはどうするべきか、局所換気が悪さして換気量が多すぎるのではないかとか、エアコンの大きさがあってないのではないかとか、日射取得が足りてないのではないかとか、グループディスカッションをして最後にみんなでまたそれを共有します。

今回私はグループディスカッションの内容を最後に全員の前で発表する役をいただきました。
理解しようとするアタマが全力で働きました。大変勉強になりました。(s)

スタッフブログ

2022.10.13

新たな期の始まりは 【”命”の基本仕様とブランディングセミナー】2022.10.12

新たな期の始まりは
【”命”の基本仕様とブランディングセミナー】
弊社主催での開催は今回で3度目になります。
オストコーポレーション北関東吉田 登志幸さんに講師をお願いして昨日小山でやりました。
栃木県のみならず埼玉、群馬、茨城と、県を跨いで多方面からご参加いただきました。
今回は地方創生の活動をされている方も来てくださいまして、工務店、設計事務所、販売店の社会貢献・地域貢献の可能性を知ってもらう機会にもなったと思います。

私たちのお取引先である地場工務店にブランドになって欲しい。
売り手よしのプロダクトアウトで、買い手が他者に誇れるブランドになって、地域や社会に貢献する行動をともなって。
そういった戦術を販売店としてサポートして、競争激化の住宅業界を一緒に勝ち残りたい思いです。

丸一日の長丁場だからこの場に来ることも覚悟が必要なのだけど、来てくれた人は必ず有意義だったと感想をくれます。
まずは来てもらえるように。
日々研鑽していきます。(s)

お知らせnews

Woody Life Library 材木屋がつくるコワーキングスペース 2022年1月11日(火)OPEN 事前予約受付中! ページのトップへ戻る