小堀材木店 Kobori Timber Ltd.

ブログ

blog
社長ブログ

2021.2.25

恵まれた環境に感謝すること

栃木県が非常事態宣言発動されて1か月強。今週22日飲食店時短要請解除に伴い、私もようやくジムにて趣味の筋トレに打ち込めることはうれしい限りです。過去においてこれだけやりたくてもできない歯痒さを感じたのは、このコロナ禍以外思い当たりません。改めて、いまままでの環境が恵まれていたか、そしてそんな環境下でもやるべきことができなかった、というかやらなかったことを後悔せざるを得ません。私は、コロナ禍で時間の大切さを痛感した。趣味も仕事面もできる時に行動する。残された余生を大切にするということを学んでおります。私も今年49歳を迎えます。この一年で40代ともお別れ。二度と来ることはない40代を充実したものにするためには、日々目標を描いてそれに向かって行動すること。振り返ったときに足跡がしっかり残っている一年にしたいと思います。過去のような恵まれた環境を有難くして今に生かす。私の挑戦はこれからもずっと続きます!

社長ブログ

2021.2.15

受験を迎えて感じること

久しぶりの投稿です。今年次男が高校受験を迎え、いよいよ最終コーナーに差し掛かっております。振り返ると、去年のコロナから次男の境遇が大きく変わってしまった。第一は部活動です。小学校1年から打ち込んできた野球もコロナのおかげでラストイヤーも不完全燃焼。休校が長期にわたって続いたことで次男はゲームという新しい楽しみを過度に覚えてしまった。そのせいもあり、ゲーム依存症になり親とのもめごとも幾度となく繰り返す日々でした。そんな中での受験を迎え、あまりのやる気のなさで妻は頭を抱え、険悪な日々は続きました。私はあまり学業に関しては自主性を重んじるほうですので口は出しませんでしたが、さすがに白羽の矢が向けられてしまい、夏からマンツーマンで勉強する日々がスタートしました。漢字検定やら数学検定を受験して少しでも評価点を上げようという次男の考えだったので私はサポートしてゆきました。いろいろ携わっていると、自分も勉強になったりすることも多かった。付き合ってあげているというよりは息子のお蔭で遠のいていた勉学に携わることができたりしてこれはこれで学びの機会をいただけたという感謝の念にもつながったことが私にとっての収穫だったかも。正直、世間で言う受験生とは程遠いモチベーションではあるがあいつなりには葛藤した年だったのかな?この一年何度あいつの涙を見たことだろう。息子と時には受験について真剣に強く言い合ったりつかみ合ったりしながらコミュニケーションの場を取れたことはいい思い出になったと思う(笑)。そんなこと経験していよいよ次男の第一志望の受験結果が本日発表になります。結果主義の世の中かもしれませんが、プロセスを大切にしてそれをしっかり評価してあげることも必要です。社内でも同じことが言えると思います。ま、帰社したらしっかり褒めてあげようと思います。

社長ブログ

2021.1.29

NZDの設定

働き方改革という名の下に、労働時間のあり方が大手に留まらず中小企業にも待ったなしになってきております。我が社でも目標値45時間/月以下を全員がクリアできる環境作りに邁進中ではありますが思い通りにはいきません。まずは私からということで帰社時間をいつのより1時間繰り上げて実行します。と社員に公言して実行継続中ですが、追随の結果までには至らず。月中途中経過を見える化して意識させることも始めた。そして2月より月2のNZD(ノーザンギョウデイ)を実施することにしました。これって、社員はどう受け止めてくれるのか?経費浮かすための社長のエゴとでも思われていたら悲しいね💦。これからの若手の獲得に向けた労働環境の改善と社員の毎日の生活の質向上にそれはあるのです。私が諦めたら社の改善はありえない。ブレずに訴え続けたいですね〜😊

社長ブログ

2021.1.26

職場の教養

我が社では毎日の朝礼にて「職場の教養」を輪読しております。倫理法人会に入会して3年強経ちましたが、この本には人としてのあるべき姿が日々の生活の中のシーンに数多のヒントを抽出して聞く者に自問自答させるもの。職場において日々意識して聞いている者、なんとなく聞いている者さまざまです。当然、人によって感じ方は様々なので、良さを強要するつもりもない。何か感じてくれる人が1人でもいればいいと思っております。私にとってこの本には日々前向きにかつ感謝を込めて接する大切さを教えていただいてます。ま、いわば私のちょっとしたバイブルなのです。

お知らせnews

ページのトップへ戻る