小堀材木店 Kobori Timber Ltd.

ブログ

blog
社長ブログ

2021.11.11

息子たちのお土産

私には2人の息子がいます。2人とも同じ高校で同じ野球部に所属しています。そんな息子たちは農業系の高校に通っておりまして、授業の一環で行う農業で収穫された作物をよく持ってきてくれます。若い世代が農業に携わる。これは日本にとって素晴らしいことだし、農業という衰退化する産業がもう一度復活してほしい私の想いを息子たちが携わってくれていること自体、非常にうれしいことである。息子たちはあまり乗り気でやっていないようですが、私たちがこの「お土産」をみて喜ぶ姿を見ていると嬉しいのでしょうかね?次から次へと持ってきてくれるのです。相手の喜ぶ姿を想像してワクワクしながら何かを進める。これって、商売でも同じことが言えると思います。自分のためではなく、誰かのために、、、。ここにスイッチが入ると商売も仕事も作業と感じなくなって自発的な建設的発想と行動が芽生えるのだと思います。そんな仕掛けづくりを経営者には今後求められるのですね。ということを息子たちの素晴らしきお土産に感じたのでした。

もっと見る

お知らせnews

ページのトップへ戻る