小堀材木店 Kobori Timber Ltd.

ブログ

blog
社長ブログ

2021.4.6

ファーストコールされるには?

今日は写真抜きにて投稿します。「ファーストコール」最近このワードを社員向けによく発信しています。売り上げを維持するにあたり大切なのは既存客様との関係づくりがベースだと思います。我々の業界は今大変なことになってきています。コロナ禍という事態に陥り、さらにそれが派生して木材の高騰と極度の品薄状態が長期戦を呈しそうなのです。そんななかで、物件が今後極度に少なくなった場合に、私たちはお客様から一番にお声のかかる業者か否かということです。2番手3番手業者は厳しいことは言うまでもない。何かあればすぐに当社のこと、または担当営業のことを思い浮かべていただけるのか?これが大切になってきます。そこに行き着くプロセスはすぐには難しいかもしれませんが、方法論は単純明快です。常に相手を気にかけることだと思います。「相手の役に立ちたい!」単純にそう思って普段から行動していれば必然に相手の心は打たれてファン化する。売り上げがあろうがなかろうがコミュニケーションをまめに取って気に掛けることが大切です。そうすれば価格ありきで裏切りには向かない。自分はそう思って(信じて)営業しております。仕事をやっつけの作業と思っていると、いつの間にかお客様をそうでなく捉えて受け身かつ損得勘定優先になり、いつのまにか相手にとって2番手3番手の存在になってしまうのではないでしょうか?利他の精神ってやつですね。自分よりまずは相手の利を優先する考え。不況に強い企業は、そういった顧客満足を良く知っているのかもしれません。結果それが自社の利につながるのです。当社もそうあるべき立場にて、常にファーストコール受けるよう日々お客様と向き合って進んでゆきたく思います。

もっと見る

お知らせnews

ページのトップへ戻る