小堀材木店 Kobori Timber Ltd.

ニュース

news
スタッフブログ

2020.5.9

withコロナ・ポストコロナの住宅について考える。前編

  • twitter
  • facebook
  • LINE

最近はwithコロナ・ポストコロナのオフィスワークや教育を、メディアやSNSで見かけることが多くなりました。

コロナウイルスは第2波の予想もあり、かなり長期的な戦いになりそうです。

日常生活は生活様式の変化が求められ、その生活様式に合わせて公共の施設等、すべての設計が見直されていくのではないかと思われます。

では今後「住宅業界」はこのコロナによって、どのような変化の可能性があるのか?

withコロナですでに変化しているもの、ポストコロナに向けて変化していくものを、「社会的」なマクロの変化から、「間取り」のようなミクロの変化まで勝手ながら予想してみたいと思います。

 

 

1.オフィスの変化

リモートワークが進み、地価の安い地方に拠点を置く企業が増える。

また本社は東京にあり、リモートワークで出社は週2~3回程度の会社形態がでてくる。

→通勤に便利で物件の価格が安い宇都宮、小山、つくば等の地方の駅近物件が人気になっていく。

 

 

2.住宅に対する概念の変化

今までは多少狭い家やマンションでも、都心や住宅密集地に住むことでの利便性重視。

→郊外型の住宅への変化(住宅密集地から少し離れても、広い家や庭)。

郊外の中古住宅をリフォーム・リノベーションして住む人が増える。

 

 

3.間取り

トレンドになりつつあった、廊下や壁を少なくして間取りを広く見せる家。

→うち時間やリモートワークが増えるため、ある程度仕切られプライベートを重視した、家族それぞれに部屋がある間取りに。

 

 

4.住宅リフォーム

年々伸びていたリフォーム・リノベーション業。

→これは更に伸びそうな予想。

住宅ローンを長期で組むのがこれまでよりもリスクになり、出来るだけ予算を抑えた中古住宅のリノベーション物件が人気になりそう。

さらに3の「間取り」にも出てきたように、リモートワークはパーソナル空間が必要なため、間取りの一部に書斎を作るようなリフォームも需要が出てきそう。

 

 

 

後編に続く

 

もっと見る

ブログblog

ページのトップへ戻る